「A様 2世帯住宅リノベーション」完成見学会&お引渡し完了!

梅雨らしい天気が続くなか、久しぶりに晴れた沖縄!みなさま、いかがお過ごしでしょうか?アーキラボ ラフィットのトクザトです。

梅雨らしい天気といっても、梅雨入りの時はなかなか雨が降らなかったですよね。「今年は空梅雨か~」なんて思った方も多いかと思います。空梅雨の場合、工事工程を考えると順調に進むことが多いので「おお~、今年はよかった!」なんて思いますが、心配なのは“断水”です。あまりにも雨が少なすぎると、30年くらい前に経験した断水が思い返されます(あの時は子どもながらに本当に水の大切を知りました)。そこで、今の沖縄のダム貯水率を調べてみると、全11ダム平均でなんと94.6%!! 平年値は79.6%となっているので、今のところ断水の心配はなさそうです(*^▽^*) 少し驚きの数字じゃないですか?これだけ雨が少なくてもこの状況。とてもありがたいですね。とはいっても限りある資源には違いないので、節水は心掛けたいです!

ところで、先日、社用車の一台が車検が近づいていることもあり、新しい車の購入についてカデカルと話し合ったんです。新車をリースで購入するか、または中古車にするか。そして購入金額はいくらにするかなど…。2か月くらい掛けてディーラーへ新車を見に行ったり、中古車販売店で下見したり、中古車合同展示会を見に行ったりといろいろ回ったんですが、結局、何がいいかわからなくなってたんです(~_~;) 車は買わなければいけないけど、新車だとハイグレードは求めきれないし、中古車だと営業車として購入するのか、現場車両として購入するかなど、考えれば考えるほど迷っていったんです(*_*; そして、最終的に出した僕の決断は「よし、中古車を2台買おう」ということに。 カデカルは「なんで!?(; ・`д・´) お金ないよ!」って感じでしたが、「いや、営業車も欲しいけど、現場用も欲しいじゃん。看板を入れてしまえば、広告費として考えてもいいんじゃない?」というと「なるほど(・。・; ならいいかも」ということで、予算を決めて中古車を2台購入することになりました! そしてその1台(現場用)がコチラ!!

選んだのは「日産の軽自動車 クリッパーNV100」。走行距離が3万㎞と少なかったことが決め手になりました。あと室内天井が高い!軽バスのなかでもハイタイプらしいんですが、とてもゆったりした感じもよかったです(*^-^*) 新しい僕の相棒となるこの車。どんな看板車にしようかとても楽しみです。板金塗装とサインを入れたらまたご紹介したいと思います(*^▽^*)

さて、アーキラボ ラフィットはといいますと先日、「A様 2世帯住宅リノベーション」が完成見学会を終え、無事お引渡しを迎えました。

今回の案件、実は施主様は3回目の改修工事だったんです。過去2回はご主人とご親戚の大工さんで行ったそうなんですが、暮らしの動線やキッチン、お風呂の使い勝手などを良くしたいとのことで今回の工事に踏み切ったそうです。

よく“家は3回造らないと納得できないもの”ということを聞いたりするんですが、それは、家を造るときに「想像していた暮らし」と実際できた家での「暮らし方」が違うからだと思うんです。例えば、奥さまが思い描いていた暮らし方はご主人や子どもたちと一緒に食卓を囲んで食事がしたかったのに、実際はご主人はテレビを楽しんでいて、子どもたちは自分の部屋に籠る時間が多くなったとか。そのギャップってかなり辛いですよね。ワクワクして造るのが住宅建築なはずなのに、結果が思ったようにならなかったら、せっかく大金を掛けて決断したことが後悔につながると「家族ってなんだろう」ってきっと思うはず。そうならないためにも、家族間同士での話し合いはとても大事ですし、また、それをフォローしていく僕たちプロ側も一緒になって考えることが重要だと思います。

今回のA様が僕たちを選んでくれたきっかけは「週刊 沖縄タイムス住宅新聞」の表紙に、弊社の案件が掲載されていたのを見てくださって相談したかったとのことでしたが、ご主人から「きっとこの会社だったら、僕たちの満足する2世帯住宅を造ってくれると思って問い合わせたんです」ということを半年前のリノベーション完成見学会で聞いたときは、とても嬉しかったことを覚えています。

その結果、お引渡しの日にご主人はとてもニコニコしていて、奥様も笑顔で「ありがとうございました」とおっしゃってくれたことが、今回の工事にとても満足されていることが伝わってきました。

アーキラボ ラフィットは“あなたらしい暮らし”をデザインだけでなく、“住ごこちから想い”までを大切にいたします。

“家は3回造らないと納得できないもの”ではなく、大切なことはどんなお家にしたいか、どんな暮らし方がしたいか、どんな将来(未来)をここで過ごしたいか、それに加え、誰と(業者や営業担当者など)一緒に住宅建築を実現していくかということだと思います。その責任を感じ、「お客様の夢の実現」に親身になれる業者であるよう、僕らは全力で取り組んでいきたいと思います。

これからもarchilabo lafitをどうぞよろしくお願いいたします。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です