“レンタルスペースE&be”お引渡しを終えました!9月上旬プレオープン予定!

こんにちは。ブログ更新をトクザトに任せっきり…久しぶりに登場のカデカルです。ブログの更新はアーキラボラフィットに移行して初めてかもしれませんが、カデカルもちゃんと元気に在籍してますよ!
先日、1回目のワクチン接種に行ってきました。接種については賛否両論あり、色々悩みましたが仕事柄、お客様のお宅に伺うことも多いし、安心してもらうために接種を選択しました。
「筋肉注射だから痛いよ」とか聞いていましたが、接種自体は全く痛いこともなく、あっという間。私の住む自治体は、ファイザー社製のワクチン一択でしたが、地域によっては選べるみたいですね。経過は人により様々なようですが、幸い私は心配していたような副反応はなく、噂に聞いていたような筋肉痛っぽい痛みが翌日から出たくらいでした。
3週間後には2回目の接種。2回目は副反応が強く出るよと聞いているので、仕事や生活に支障が出ないようにスケジュール調整するつもりです。
「ワクチン接種したらコロナにかからない」というわけでもないので、引き続きマスクに消毒に手洗い等しっかり感染対策もしていきたいと思います。

さて、5月中旬から工事を進めていたレンタルスペース、資材入荷の遅れや台風の影響などでお引渡しの時期が伸び、当初8月中旬オープンの予定を延期してもらうことになり、営業開始を心待ちにしていたお客様にもご迷惑をかけてしまいましたが、先日、無事お引渡しを終えることができました。

建築予定の建物の一角にレンタルスペースをつくりたいと、初めてご依頼をいただいたの2年ほど前。その建物が完成するまで時間があったので、初めの段階でレイアウトや利用方法などを軽く打合せ、建物完成までの間に、施主のO様にはアイデア収集を依頼…したところ、O様の情報収集力は目覚ましいもので、通常なら一緒に空間の打合せをしてこちらから提案していくのですが、やりたいことのイメージがほぼ明確になっていたので、こちらから新たな提案をするのではなく、O様のイメージを実現させるための提案に方向転換。いつもとは違う進め方でしたが、一緒に作り上げている感覚がとても楽しい現場でした。

O様がレンタルスペースの備品なども揃えて整った後の写真をUPしたいので、今回は引渡直後の現場の様子をご紹介したいと思います。

沖縄ではなかなかお目にかかることがないIKEAのキッチン。「大人可愛い空間」がテーマのレンタルスペースにO様がセレクトしたカラーはチャコールブラックのマット仕上げ。写真では大きさが伝わりにくいのですが、キッチン全体で8m弱のL型キッチンです。実際に見ていただいたほうがいいのですが、だいぶ大きい!!(通常の家庭用のキッチンは2.5m程度なので約3倍!!)施工した大工さんいわく、IKEAのキッチンを選択される方はこだわりのある方が多いそう。それもそのはずです。だって、ひとつひとつ選択していくんです。他のメーカー製のキッチンでも扉の色、デザイン、天板や把手の種類、水栓や調理器具はある程度選択できますが、IKEAのキッチンでびっくりしたのが把手を付ける位置もオリジナル。施工現場で付ける場所を指示するのです。2年かけてIKEAの実店舗にも数回足を運び、ひとつひとつ選んだO様には感服です!

天井高がないので、吊り戸棚はつけずに開放感を優先したキッチン。グラスなどは引出しではなく取りやすい位置に収納したいと要望があり、サンワカンパニーのステンレスシェルフのオープン棚を設置。キッチンパネルはマグネットが使えるのでレシピを貼ったり、ペーパーホルダーを取り付けたりと便利なはず!

レンタルキッチンで作ったお食事はこちらでどうぞ。広々とした空間でゆったりお食事を楽しめます。テーブルの木目が全体のアクセントになりつつちゃんと調和が取れてていい感じです。

O様ご夫妻にDIYで仕上げてもらったピンクの壁。日本に上陸してまだ間もないHaymesPAINT(ヘイムスペイント)を使用しました。自然環境に優しいだけではなく、豊かな表現力のある塗料でオーストラリアでは非常に知名度の高い塗料です。オーストラリアの鉱物や自然由来の素材からできているため、身体が直接触れる場所にも安心して使うことができます。今回使用したのはマットポリッシュのピンクドラフト。この塗料、色味だけではなく、テクスチャ−にもこだわっていて、メタルやモルタルの風合いなどこれまでの塗料とは一味違う雰囲気を作ることができます。ブラック×グレー×ピンク。大人のカラーリングにO様とうっとりしました♡(実際の色は3枚目の写真が近いです)

アーキラボ ラフィットは“あなたらしい暮らし”をデザインするだけでなく、“住みごこちから想い”まで大切にいたします。
レンタルスペースE&beは、沖縄でもまだ少ない菓子製造許可・飲食店営業許可付きのレンタルキッチンのある空間です。家庭用のキッチンで作ったお菓子を販売するのは禁止されていますが、ここで作ったならパンやお菓子なら販売も可能、料理教室を開催するのにもぴったりです。
もちろん、キッチンを使わない利用もOKとのこと。Instagramは日々更新されているので興味のある方は確認してみてくださいね。

▼レンタルスペースE&be Instagram▼
https://www.instagram.com/rentalspace_e.n.be/
本日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Follow me!