【THEE TRIO“WARDROBE”IN OKINAWA @archilabo Lafit】大盛況で終えました!

新型コロナ給付金の誤送金問題に「はあ~!?(;゚Д゚)」と驚かされたみなさま、こんにちは。ラフィットのトクザトです。

僕にとって、最近のニュースで最も度肝を抜かれたものが、この4630万円誤送金問題でした。「あなた様の通帳に誤って送金してしまいました(-_-;)。お時間取らせて申し訳ないですが、一緒に銀行へ行っていただき、返金をお願いしたいのですが…。あ、それと、これつまらないものですが…」なんてやり取りがあったんでしょう。しかし、それを拒否して使い切るって…。自分のものではないお金を堂々と使える感覚もそうですが、それをネットカジノっていう今時のギャンブルに使ったって確信犯ですよね。困っている人への給付金(税金)なので、本当にやめてほしいと思いました。また、行政側も今時フロッピーディスクを使ってデータを持ち運びしていたっていうことにも驚きました。お金を返金しないネットに精通した20代と、返してほしいネットが得意ではない世代の差もあったのかなとも思ったりしますが、それでもやってはいけないことを少なからずどちらもやってしまったというニュース(-_-;)。今後しばらく、ランチタイムの話題になりそうです。

さて、去った14日(土)、15日(日)にラフィットにとって初めてのポップアップショップ【THEE TRIO“WARDROBE”IN OKINAWA @archilabo Lafit】を開催しました!アパレルブランド【THEE TRIO】の商品を揃え、ファッションデザイナーの隅野さん自ら販売を行うというこのイベント。きっかけは北九州市の【Oneness Coffee Brewers】というカフェオーナーの津村さんからのご紹介。「沖縄でファッションブランドのポップアップショップをしたいって神戸の方がいるんですけど、よかったらトクザトさんの会社でどうでしょう?」 という相談がありました。

この津村さん、全国にたくさんの友人知人がいらっしゃる方で、本人もいろんな企画を自身のカフェで行っているんです。そのご相談を受け、津村さんから隅野さんに繋いでもらい、「うちの事務所って目立つ場所でもないし、どちらかというと分かりづらい場所ですよ。しかも2階ですし、業務に支障がないスペースって10帖くらいしかないんです。それでも問題ないですか?」と尋ねました。すると「全く問題ないです。むしろ目立たない場所のほうが隠れ家的で面白いし、THEE TRIOのファンは探してでも来てくれると思いますから」と返ってきたんです。正直、「本当に大丈夫かな」なんて思いましたが、僕らとしても面白そうな企画だなってことと、多少なり会社を知ってもらえる人が増えるならということでやってみることにしました。

ライティングレールからワイヤーを吊り、鋼管パイプでハンガーを掛けられるようにし、音響もあったほうがいいだろうとBluetoothが使えるワイヤレススピーカーを準備して。あとは隅野さんにディスプレイをお願いすることにして当日を迎えようということにしましたが、せっかくラフィットを探して来てくれるなら手土産になにかプレゼント的なものを渡すことができないかなーなんて思ったんです。そこで、思いついたのがラフィットにある観葉植物のリュウゼツラン(アガぺ)の株。このリュウゼツランは「センチュリープランツ」とも言われ、一説によると、100年に1度花が咲き、生命を終えるとされる植物なんです。たくさんの子孫を残すということで縁起がいいとされるこのリュウゼツランが、まさにラフィットで開花し、子孫を残すタイミングにあることから「これっていいかも?」と思い、早速、100均で紙コップを購入し、土を入れて準備したんです。それがコチラ!

すごくかわいいですよね!このプレゼントも喜んでもらえると嬉しいな~なんて思いながら、準備しました。

事前にインスタグラムでTHEE TRIOのアイテムをチェックしてみると、お世辞抜きでまさに僕好みのものばかり。僕が普段着る洋服はユナイテッドアローズやビームスが多いんですが、 THEE TRIOのアイテムもシンプルさを大事にしながら、さりげないデザインを入れるというジェンダーレスなもので、とても素敵なものが揃ってたんです!自分好みの商品をポップアップショップとして扱えることをとても嬉しく思い、また、多くの人に知ってもらえればととてもワクワクしていました。

前日、スーツケースいっぱいに詰め込んだアイテムを持った隅野さんが来社し、前もって郵送していた2個の段ボールとともにポップアップショップの空間づくりが始まりました。僕らは見守ることしかできなかったんですが、完成するといつもの会議室とは違い、本当の洋服屋さんに様変わり。アパレルの人って空間作るのとても上手いなって驚かされました。

そして当日。「本当にお客様ってくるのかな」とか「2日間でだれも来なかったら、やっぱり立地のせいじゃないのかな(-_-;)」なんて不安もありました。しかし、初日、12時半頃に最初のお客様がご来店。18時までひっきりなしの来客者!2日目も午前中からお客様が来てくださり、同じく18時まで接客するという本当に大盛況のイベントになりました!お客様の一組当たりの滞在時間は約1時間。そして遠方からのお客様はなんと石垣島からというくらい根強いファンが来てくれました。

僕らの完成見学会に来られるお客様も約1時間ほどの滞在時間になることが多いのですが、スペースの大きさを考えると、お客様のTHEE TRIOの商品に対する興味の深さが感じられたし、お客様が満足される姿が見れるのは僕らも嬉しく、ファンに愛されたブランド力というものを肌で感じたとても参考になる機会でした。お客様との関係性を大事にするということは同じですが、異業種だからこそ僕らも学ぶことが多くありました!

アーキラボ ラフィットは“あなたらしい暮らし”をデザインだけでなく、“住みごこちから想い”までを大切にいたします。

今回、来ることが出来なかった方もTHEE TRIOの商品を是非、知ってもらえたらと思います。ネットでも購入することはできますが、やっぱり使っている生地やファスナーなんかは実際に見たほうが納得できるし、なにより作り手(デザイナー)から直接拘ったところなんかを聞けるってなんか得した感じになりますよね。きっとその感覚は僕らの仕事も同じで、打合せや完成見学会の場で直接、設計者(建築士)と話せると「なるほど」って思うことがあると思います。僕もお客様とお話しすることで、より家づくりを理解してもらいながら、安心してお任せしていただければと思います!

そして大盛況に終わった今回の 【THEE TRIO“WARDROBE”IN OKINAWA @archilabo Lafit】 でしたが、来場されたお客様から 「冬物のアウターはないんですか?」との声が複数あったんです。その声があったことで、なんと11月あたりで 【THEE TRIOの秋冬コレクション】を開催することが決定しました! 次回もたくさんのお客様が来場させれることを楽しみにしています!(^^)!

今回のイベントをきっかけに、アパレルに限らず、異業種を繋いで楽しい企画を考え、「ラフィットって面白いなぁ」と思ってもらえる会社にしていきたいと思っています。個展や音楽イベントなどをラフィットでやりたいと思う方は、お気軽にご相談ください(*^-^*) あと、リュウゼツランの株も余っているので、欲しい方はラフィットまでもらいにきてくださいね!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です